正しい知識で30代ポッコリおなかを解消!効果的な食事と運動法とは?

目次

はじめに

20代の頃は何しても痩せたのに、今はどうして何しても痩せないんだろう・・なんて考えているそこのあなた、こんにちわツバサルです!

このフレーズ実は私の口癖でした。この言葉を言い訳にして、いつかは痩せるだろう・・と自分のポッコリでたお腹から目をそらす日々を送っていました。

ところがある日を境に私はダイエットを決意し、試行錯誤の上3か月で-13㎏を達成する事が出来ました。

私が自分の体で実際に試してきた体験を公開していけたらと思います。

ある一言をきっかけに・・・

ある日、妻から唐突に言われたこの一言『・・・そろそろ痩せたら?』

響きました・・というより私の胸に音とを立てて何かが刺さりました。

いつまでも妻にはカッコよく映っている自分がいるから太っていても関係ないさ!

・・さすがにそんな訳ないですよね・・だってだらしないぽっこりおなかより、20代の時みたいにパキッと引き締まった体の方がいいに決まってますよね。

そんな事を考えながら、もう何年も乗っていないであろう体重計の電池を入替、いざ体重測定・・

さらに驚愕で目ん玉飛び出そうになりました・・166cmの身長の私の体重が、なんと83.3㎏!

人生最高体重新記録をめでたく更新していました。完全に肥満、結構な肥満です。

通常であればだいたい60㎏くらいってとこですね。

そこから-13㎏の減量に成功しましたが、

これをきっかけに体づくりにどっぷりとハマっていいたツバサルです!

是非この経験があなたのお役に立てれば幸いです!

間違った知識でダイエットで逆効果

『炭水化物(ごはん類)を食べなければ痩せる』『一日一食にすればどんどん痩せていく』

なんて、こんな事をあなたも聞いたことがあるのではないでしょうか。

結論から言うと逆に太ります。

たとえば、一日1食だけの生活にすると人間の体は、『自分にはこれだけしか栄養が入ってこない』

となって、1食分の摂取カロリーで生きようとホルモンがコントロールしようとします。

さらに、活動エネルギーである『糖質』が不足してしまう為、

体の中で、筋肉を分解し、糖質を生成してしまう働きがあります。

これを『糖新生』と呼んだりします。

筋肉が分解され筋肉量が減ってしまうと、今度は『基礎代謝』が低下していきます。

因みに基礎代謝とは何もしていなくても、消費していくカロリーの事を言います。

・自分の基礎代謝は初めに把握しておこう!

もう、ここまで聞いただけでもいい事が一つもない事が分かりますよね。

食事も大事だけどやっぱり運動も大事!

どうせダイエットするなら、出来れば最短ルートでいい体を手に入れたいですよね!

まぁボディメイクはある程度の時間は必要ですが、あえて遠回りしたいなんて言う人は少ないのではないかと思います。

ダイエットやボディメイクにおいて、食事管理はやはり最も大切ではあるのですが、

食事だけでダイエットするのはやはり難しい所があります。

だって、せっかく生きているのであればおいしいもの食べたいですよね?

ラーメンだって、ピザだってたまには食べたいですよね?

一生、ささみとブロッコリーだけで満足!なんて人がいたら是非インタビューしてみたいです。

高カロリーを摂取した場合、やはりある程度の運動で消費カロリーを増やすのが効果的となってきます。

だからと言って、いきなり10kmランニングしてきます!それでチャラでしょ・・

なんていうマインドはやめてくださいね。笑

(これ私の周りにたまにこういう考えの人も居ます・・)

なんにせよ継続することがなにより大切なので、一日運動量を増やした所で、

一気に体重が落ちたり、腹筋が割れてきたなんて事は絶対ないので。

むしろ怪我に繋がったり、キツイという印象だけが残って三日も持たないでしょうから。

・まずは自分に合った運動方法を見つけることが大事です。

普段あまり運動に慣れていない人は、家の周りを10分~20分くらい歩いてみる事から始めてみるといいでしょう。

ウォーキングでもちゃんとカロリー消費はしていくので問題ありません。

逆にいきなりランニングを始めてしまうと、怪我のリスクが上がったり

筋肉の分解に繋がてしまい基礎代謝を落としてしまう恐れがある為、無理は禁物です。

少しづつでも続けていける運動方法の方がよっぽど効果的です

モチベーションを維持していこう

いくら筋トレやダイエットの知識を詰め込んだとしても、それが続かなければ何の意味もありません。

なので自分のモチベーション管理というのも大きなポイントとなってくると言えるでしょう。

私が行ったモチベーション管理は以下となります。

・一緒にダイエットする仲間を誘う。
・あえて毎日は体重を測らず、週末だけ測定する。
・1ヶ月事に自分の写真を記録していく。

一緒にダイエットする仲間を誘う

職場の同僚でも、友達でも、兄弟でも構いません。

誰かと一緒にやる事で、辛い時や辞めたくなった時でも同じ境遇の人がいれば励ましあうことができます。

また、競い合う事でも楽しみながらダイエットをする事ができます。

あえて毎日は体重を測らず、週末だけ測定する。

これは私の性格上だと思うのですが、

体重は毎日測ったところで、そんなに大きく変わるわけでもありません。

むしろその日の水分量で、体脂肪は落ちてるのに体重は増えていると、

昨日結構頑張ったのにな・・・なんてモチベ低下に繋がってしまいました。

なので一週間くらい経った時の体重の方が変動もわかりモチベ低下に影響はなかったです。

(本当は毎日の体重を記録しておいた方がいいのですが、あくまでモチベ維持のネタとして)

1ヶ月事に自分の写真を記録していく。

私の場合、体重より見た目を結構意識するようにしていました。

体重の場合体脂肪が落ちても、筋肉量が増えれば結果体重が少し増えている

なんてこともあります。

なので、一か月前の写真と見比べて、

『あ、ちょっと腹筋がみえてきたかな?』

なんて小さな幸せを一人感じたりしていました。

あとはコレクション感覚で振り返ったりして、

あの時頑張ってたし、今月も頑張ろう!とモチベを上げるなどしていました。

まとめ

今回は私がぽっこりおなかを撃退するために、行った内容を紹介させて頂きました。

次からはもっと内容を掘り下げて紹介させて頂こうと思います!

30代からでも正しい方法でダイエットすれば誰でも確実に理想の体型にする事はできます。

まずはぽっこりお腹を撃退して、どんどん自分を磨いていく楽しさを感じて頂ければ幸いです。

それでは、また次の記事で!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次